勝てるFX手法はこちら

FXのパラボリック(テクニカル指標)を利用したトレンド順張り手法を解説してみた

fx-parabolic-strategy_800x348_eye 勝てるFX手法
この記事は約6分で読めます。

FX初心者です。FXでお金を稼ぎたいんですけど勝ち方がわかりません。トレードってどうやってやればいいんですか?テクニカル分析を勉強中ですけど使い方がわかりません。テクニカル指標のパラボリックを利用したトレード手法がオススメだよって友人から聞きました。具体的にパラボリックを利用した手法を具体的に教えてください。

FXの勝ち方を知りたいですよね?

テクニカル指標って、いろいろありますけど、どうやって使えばいいのかわからないですよね?

トレードプランの立て方も知りたいですよね?

2022年10月のドル円の運用実績が+512pips獲得した私アラカンが、FXのテクニカル指標のパラボリックを利用したトレード手法を具体的に教えてほしいという質問にお答えします。

パラボリックとはトレンド相場のエントリタイミングを判断するためのテクニカル指標

パラボリックとはトレンド相場のエントリタイミングを判断するためのテクニカル指標です。

手法の考え方として上昇トレンドの時に押し目のタイミングで買い(ロング)を仕掛けます。

下降トレンドの時に戻し目のタイミングで売り(ショート)を仕掛けます。

パラボリックとは「放物線」という意味で、SAR(ストップアンドリバース)という指標を使用して、相場のトレンド転換点をみるテクニカル指標です。通常、ローソク足がSARの上にある場合は上昇相場、下にある場合は下落相場を示し、上昇相場でローソク足がSARを下抜けたら売りサイン、下落相場でローソク足がSARを上抜けたら買いサインとされています。
引用元:SMBC日興証券 公式サイト https://www.smbcnikko.co.jp/terms/japan/ha/J0629.html

パラボリックは相場のトレンド転換点をみるテクニカル指標であると一般的には言われています。

しかし、上昇トレンドの押し目のポイントや下降トレンドの戻し目のポイントの判断として使うことをオススメします。

パラボリックのオススメの設定はデフォルト数値のまま使えばいい

パラボリックのオススメの設定はデフォルト数値のまま使えばいいです。

MT4のチャート設定

この記事の解説で使っているMT4のチャート設定は下記の通りです。

MT4のテクニカル指標の設定
・SMA200(黒)
・パラボリック:ステップ 0.02、上限 0.2(デフォルト設定)

MT4のパラボリックのパラメーター

MT4のパラボリックのパラメーターは下記の通りです。

ステップ:0.02、上限:0.2です。

色はピンクの設定にしています。

mt4_parabolic_512x278

パラボリックを利用したトレンド順張り手法

パラボリックを利用したトレンド順張り手法をMT4の1分足チャートで解説していきます。

この記事では1分足で解説していますが、どの時間足でも考え方は同じなので自分に合った時間足で実践練習してみてください。

5分足でも15分足、30分足、1時間足、4時間足、日足、週足、月足どれでも同じです。

ロング(買い)とショート(売り)それぞれの事例を実際のチャートで具体的に解説します。

パラボリックを利用したトレード事例(ロング)

エントリ条件、損切り条件、利確条件

上昇トレンドの時に押し目になりそうなポイントをSAR(ピンクのつぶつぶ)で見つけて、買い(ロング)スタンバイします。

エントリ条件と損切り条件、利確条件は下記の通りです。

エントリ条件
①SMA200(黒)の上でローソク足が乖離しており、上昇トレンド形成と判断。
②ローソク足がSAR(ピンクのつぶつぶ)の近くにきたら
エントリスタンバイ
③ローソク足の確定を待ち、サポートライン(損切り)を決める。
④リスクリワードが1:1以上あるならエントリする。
損切り条件
エントリ時に決めたサポートラインをローソク足の実体が下抜け確定したら損切り
利確条件
SMA200(黒)タッチまでガチホ

エントリ判断から損切り、利確するまでの思考方法(チャート解説)

1分足チャートで解説します。

ローソク足がSAR(ピンクのつぶつぶ)の近くにきた箇所を黒の矩形で囲んでいます。

fx-parabolic-strategy_long_02_800x350

SMA200(黒)の上でローソク足が乖離しており、上昇トレンド形成と判断してエントリスタンバイします。

ローソク足がSAR(ピンクのつぶつぶ)の近くにきて押し目になると判断したら、サポートライン(損切り)を決めてエントリします。

一番下の赤の水平線が損切りラインで、二番目の赤の水平線がエントリラインです。

この事例では、損切幅と利確幅のリスクリワードは1:4以上になっていました。

このようにリスクリワードをみて、最低でも1:1以上になる場面でだけエントリするようにします。

パラボリックを利用したトレード事例(ショート)

エントリ条件、損切り条件、利確条件

下降トレンドの時に戻し目になりそうなポイントをSAR(ピンクのつぶつぶ)で見つけて、売り(ショート)スタンバイします。

エントリ条件と損切り条件、利確条件は下記の通りです。

エントリ条件
SMA200(黒)の下でローソク足が乖離しており、下降トレンド形成と判断。
②ローソク足がSAR(ピンクのつぶつぶ)の近くにきたら
エントリスタンバイ
③SARで反発していると判断したら、レジスタンスライン(損切り)を決める。
④リスクリワードが1:1以上あるならエントリする。
損切り条件
エントリ時に決めたレジスタンスラインをローソク足の実体が上抜け確定したら損切り
利確条件
SAR(ピンクのつぶつぶ)をローソク足の実体が上抜けしたら利確

エントリ判断から損切り、利確するまでの思考方法(チャート解説)

1分足チャートで解説します。

ローソク足がSAR(ピンクのつぶつぶ)の近くにきた箇所を黒の矩形で囲んでいます。

fx-parabolic-strategy_short_04_800x549

SMA200(黒)の下でローソク足が乖離しており、下降トレンド形成と判断してエントリスタンバイします。

ローソク足がSAR(ピンクのつぶつぶ)の近くにきて反発していると判断したら、レジスタンスライン(損切り)を決めてエントリします。

一番上の赤の水平線が損切りラインで、二番目の赤の水平線がエントリラインです。

この事例では、損切幅と利確幅のリスクリワードは1:4以上になっていました。

このようにリスクリワードをみて、最低でも1:1以上になる場面でだけエントリするようにします。

まとめ:FXのパラボリック(テクニカル指標)を利用したトレンド順張り手法を解説してみた

いかがでしたでしょうか。

テクニカル指標はあくまで相場の環境認識やエントリ判断するための補助です。

トレードの本質はローソク足の値動きをみることです。

テクニカル指標を過信しすぎないようにしましょう。

日々コツコツ実践練習を継続していれば、トレードがうまくなっていきますよ。

一緒に成長していきましょう!

現在、amazonで書籍を販売中です。kindle unlimited なら無料です。

内容はブログ記事の簡易版になっています。

参考になったと思ったら、amazon レビューで高評価していただけると励みになります。

否定的なご意見も歓迎しています。

この手法は使えないとか、解説が分かりにくいとか何でもいいのでご意見待っています。


皆さまのお役に立てれば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
「役に立った!」と思ったら、SNSシェアしていただけると嬉しいです。

FX初心者が月5万円稼ぐまでのロードマップを解説してみた

この記事についてご意見をお聞かせください

この記事を書いた人
アラカン

佐塚 啓伸|50代後半の男性。
ドル円専門の裁量トレーダー|2007年から12年間はシステムトレーダー|2019年から裁量トレーダーへ転身|2022年10月 ドル円の運用実績 +512pips獲得|国内IT系の上場会社でPG/SE/PMとして30年ほど勤務|2014年に特許を発明し出願(公開番号:2015-184895)

詳細なプロフィールはこちら

アラカンをフォローする
勝てるFX手法
アラカンをフォローする
アラカンの裁量FX
タイトルとURLをコピーしました