勝てるFX手法はこちら

勝てるFX手法

fx-strategy_800x531_eye
この記事は約6分で読めます。
勝てるFX手法を公開しています。

FXのRSI(テクニカル指標)を利用した逆張り手法を解説してみた

RSIとは買われすぎか?売られすぎか?を判断するためのテクニカル指標です。

手法の考え方として、RSIが10%以下なら、売られすぎであると判断して買い(ロング)を仕掛けます。

RSIが90%以上なら、買われすぎであると判断して売り(ショート)を仕掛けます。

FXのRCI(テクニカル指標)を利用した逆張り手法を解説してみた

RCIとは買われすぎか?売られすぎか?を判断するためのテクニカル指標です。

手法の考え方として、RCIが-80%(-0.8)以上の場合は売られすぎであると判断して買い(ロング)を仕掛けます。

RCIが80%(+0.8)以上ということは買われすぎであると判断して売り(ショート)を仕掛けます。

FXのボリンジャーバンド(テクニカル指標)を利用した逆張り手法を解説してみた

ボリンジャーバンドとは値動きの幅を判断するためのテクニカル指標です。

手法の考え方として、レンジ相場の時にボリンジャーバンドの-2σ付近に価格が下落してきたら売られすぎであると判断して買い(ロング)を仕掛けます。

レンジ相場の時にボリンジャーバンドの+2σ付近まで価格が上昇してきたら買われすぎであると判断して売り(ショート)を仕掛けます。

FXのMACD(テクニカル指標)を利用したトレンド転換狙いの手法を解説してみた

MACDとはトレンド転換のエントリタイミングを判断するためのテクニカル指標です。

手法の考え方として、チャート下落中からMACDヒストグラムの下山が削れてきてシグナル線(赤の点線)が0ラインを下から上抜けするタイミングで買い(ロング)を仕掛けます。

チャート上昇中からMACDヒストグラムの上山が削れてきてシグナル線(赤の点線)が0ラインを上から下抜けするタイミングで売り(ショート)を仕掛けます。

FXの一目均衡表(テクニカル指標)を利用したトレンド順張り手法を解説してみた

一目均衡表とはトレンド相場のエントリタイミングを判断するためのテクニカル指標です。

手法の考え方として上昇トレンドの時に一旦ローソク足が上昇雲を下抜けするかも?と思わせて上抜けしてきたタイミングで買い(ロング)を仕掛けます。

下降トレンドの時に一旦ローソク足が下降雲を上抜けするかも?と思わせて下抜けしてきたタイミングで売り(ショート)を仕掛けます。

FXのパラボリック(テクニカル指標)を利用したトレンド順張り手法を解説してみた

パラボリックとはトレンド相場のエントリタイミングを判断するためのテクニカル指標です。

手法の考え方として上昇トレンドの時に押し目のタイミングで買い(ロング)を仕掛けます。

下降トレンドの時に戻し目のタイミングで売り(ショート)を仕掛けます。

FXのDMI(テクニカル指標)を利用したトレンド順張り手法を解説してみた

DMIとはトレンド発生の有無と強弱を判断するためのテクニカル指標です。

手法の考え方として上昇トレンド発生と判断した時に+DI(ピンク)と-DI(ゴールド)が乖離しているタイミングで買い(ロング)を仕掛けます。

下降トレンド発生と判断した時に+DI(ピンク)と-DI(ゴールド)が乖離しているタイミングで売り(ショート)を仕掛けます。

FXのストキャスティクス(テクニカル指標)を利用した逆張り手法を解説してみた

ストキャスティクスとは買われすぎか?売られすぎか?を判断するためのテクニカル指標です。

手法の考え方として、ストキャスティクスが10%以下なら、売られすぎであると判断して買い(ロング)を仕掛けます。

ストキャスティクスが90%以上なら、買われすぎであると判断して売り(ショート)を仕掛けます。

FXの移動平均線(テクニカル指標)を利用したトレンド順張り手法を解説してみた

移動平均線とは、トレンドを判断するためのテクニカル指標です。

手法の考え方として、移動平均線が上向きなら、上昇トレンドと判断し押し目買い(ロング)を仕掛けます。

移動平均線が下向きなら、下降レンドと判断し戻り売り(ショート)を仕掛けます。

移動平均線が横ばいなら、方向感のないもみあい局面と判断し逆張りのテクニカル指標であるRSIやRCI、ボリンジャーバンド、ストキャスティクスなどを利用して仕掛けます。

FXのフィボナッチ(テクニカル指標)を利用したトレンド順張り手法を解説してみた

フィボナッチとはトレンド相場の押し目・戻り目の目安を判断するためのテクニカル指標です。

世界中にフィボナッチ数列を意識したトレーダーが多いため、機能しやすいと言われています。

手法の考え方として、上昇トレンドと判断したら直近安値と直近高値にフィボナッチを引いて、押し目の目安で買い(ロング)を仕掛けます。

下降トレンドと判断したら直近高値と直近安値にフィボナッチを引いて、戻し目の目安で売り(ショート)を仕掛けます。

FXのGMMA(複合型移動平均線)を利用したトレンド順張り手法を解説してみた

GMMA(複合型移動平均線)とは、トレンドを判断するためのテクニカル指標です。

手法の考え方として、GMMA(複合型移動平均線)が上向きなら、上昇トレンドと判断しブレイクアウトや押し目で買い(ロング)を仕掛けます。

GMMA(複合型移動平均線)が下向きなら、下降レンドと判断しブレイクアウトや戻し目で売り(ショート)を仕掛けます。

GMMA(複合型移動平均線)が横ばいなら、方向感のないもみあい局面と判断し逆張りのテクニカル指標であるRSIやRCI、ボリンジャーバンド、ストキャスティクスなどを利用して仕掛けます。

タイトルとURLをコピーしました