海外FX業者 評価値一覧表

kaigaifx_evaluation_value_800x580 海外FX業者

今回の記事では、海外FX業者の評価値一覧を掲載いたします。

これはランキングではなく、独自調査や独自視点での評価値の一覧になります。

スプレッドが狭いか広いかだけで業者の良し悪しを判断するのではなく、サポート体制や分別管理の有無、ゼロカット対応の有無、配信レートの安定性と透明性、インフラの堅牢性、最大レバレッジ、ロスカットレベル、口座の利便性、取引ツールの操作性、ボーナスの充実度、入出金環境など複数の視点から総合的に業者をみて判断して欲しいと願っています。

随時更新していきます。

こんな方におすすめの記事です!

  1. おすすめの海外FX業者について知りたい方
  2. 海外FX業者の特長について知りたい方

評価基準について

評価値は5点満点となっており、12個のカテゴリ観点で評価しています。

各カテゴリごと評価のポイントについて書いていきます。

サポート体制

公式サイトがわかりやすいかどうか、必要な情報開示がしっかりなされているかどうか、説明が明確であるかどうかをみています。

日本語で業者とコミュニケーションができるかどうかをみています。

問い合わせの手段は何があるかをみています。(問い合わせフォーム、メール、チャット、電話など)

サポート対応時間は何時から何時までかをみています。

チャットはAI BOTなのかどうかをみています。

人間とコンタクトできるかどうかをみています。

レスポンス時間はどの程度かをみています。

金融ライセンスと信託保全

金融ライセンスは単なる肩書と考えています。

最低限業者として公的機関のライセンスを持っていればよいと考えます。

例えば、日本の金融庁のライセンスを取ってしまうと、最大レバレッジは25倍に規制されますし、ゼロカット対応することもできなくなります。

顧客ファーストで魅力あるサービスを提供できている業者が優れていると評価しています。

世間一般で評価されている金融ライセンスの作られた権威による優劣判断は虚像でしかなく、提供するサービスが顧客にとって魅力的でなければ意味がありません。

監査が義務付けされているライセンスだから、それだけで安心とかいうことはあり得ません。

やろうと思えば監査対策はできるでしょうし、それより現場組織のクリーンな意識や提供するサービスの品質が一番重要です。

信託保全や分別管理がしっかりできていればそれで充分だと考えます。

但し、業者の説明があいまいな場合は信頼度が少し落ちます。

ゼロカット対応

ゼロカット対応は絶対に必要です。

エントリしたからには相場の急変動で口座資金がゼロになるのは仕方ないとしてもマイナス残高となり、追証を請求されたら最悪です。

海外FX業者だからといって、公式サイトで明確にゼロカット対応していると言っていない業者は疑った方がよいと思います。

配信レートの安定性と透明性

配信レートが常に変動するのは当然ですが、東京時間、欧州時間、ニューヨーク時間における平常時のスプレッドの動き方や動く幅をみています。

また、インパクトの大きな経済指標発表時の値動きもみています。

日本国内FX業者は原則固定で狭いスプレッドを保持している場合が多いですが、悪く言うと価格操作しているから固定できているという見方もできます。

業者側が悪意を持てば一時的に価格を乱高下させてポジションを損切させることは可能です。

また、週明け月曜日のオープン時のギャップ(窓開け)だけではなく、平日の日替わりのタイミングでの夏時間6時(冬時間7時)前後の価格のギャップの有無や発生時の幅をみています。

さらに、週末のスプレッドの開き具合や他社との値動きを比較して値動きの正当性を判断しています。

インフラの堅牢性

MetaTraderの通信速度と実際の操作レスポンスやサーバ台数をみています。

取引コスト

スタンダード系の口座であればスプレッドの狭さをみます。

極狭系の口座であれば、実際のスプレッドの動く範囲と取引手数料からトータルコストの期待値をみます。

最大レバレッジ

1000倍前後であれば十分だと考えています。

500倍前後だと少しだけ不満が残ります。

ロスカットレベル

証拠金維持率の20%以下であれば十分だと考えています。

口座の利便性

円建て口座が作れるのが基本ですが、ドル建てでもよいと思います。

最小入金額が大きすぎないかどうかをみています。10万円以上は敷居が高いです。

最小ロットは0.01(1000通貨)から取引できるかどうかみています。

口座維持手数料がかかるかどうかもみています。

取引ツールの操作性

MetaTraderが使えれば問題ありません。

個人的にはMT4が好きです。

ボーナスの充実度

新規口座開設ボーナスや入金ボーナスの有無をみています。

新規口座開設ボーナスは業者や期間により異なりますが、2万円、1万円、5000円、3000円であることが多いです。

入金ボーナスは100%入金ボーナスや200%入金ボーナス、1000%入金ボーナスなどがあります。

入出金環境

さまざまな入出金の手段が提供されているかどうか、手数料は低く迎えられているかをみています。

処理時間も大事です。

海外FX業者 評価値一覧

サポート体制 金融ライセンスと信託保全 ゼロカット対応 配信レートの安定性と透明性 インフラの堅牢性 取引コスト 最大レバレッジ ロスカットレベル 口座の利便性 取引ツールの操作性 ボーナスの充実度 入出金環境 総合評価
AXIORY 5.0 4.5 5.0 5.0 5.0 4.5 3.5 4.5 5.0 5.0 2.0 5.0 4.5
XMTrading 4.5 4.0 5.0 4.5 3.0 4.0 5.0 4.5 5.0 5.0 4.0 5.0 4.5
HotForex 4.0 5.0 5.0 5.0 4.0 4.5 5.0 4.5 5.0 5.0 4.0 4.0 4.5
TradersTrust 4.0 4.0 5.0 4.0 3.0 4.0 5.0 5.0 5.0 5.0 5.0 4.0 4.4
Gemforex 4.0 4.0 5.0 3.0 3.0 3.0 5.0 4.5 4.0 5.0 5.0 4.0 4.1
FXGT 5.0 4.0 5.0 3.0 3.0 3.0 5.0 3.5 5.0 4.0 4.0 4.0 4.0
TitanFX 4.0 4.0 5.0 5.0 4.0 4.0 3.5 4.5 5.0 5.0 0.0 4.0 4.0
BigBoss 3.0 4.0 5.0 4.0 3.0 3.0 5.0 4.5 5.0 5.0 4.0 3.0 4.0
IS6FX 4.0 4.0 5.0 3.0 3.0 3.0 5.0 3.0 3.0 5.0 5.0 4.0 3.9
Tradeview  2.0 4.0 0.0 5.0 2.0 5.0 2.5 2.5 2.0 5.0 0.0 2.0 2.6
Exness  3.5 1.0 0.0 0.0 4.0 4.0 5.0 5.0 2.0 5.0 0.0 2.0 2.6

海外FX業者各社の評価レビュー

海外FX業者各社の評価レビューは下記を参考になさってください。

皆さまのお役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
「役に立った!」と思ったら、SNSシェアしていただけると嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました