勝てるFX手法はこちら

トルコリラ円の大暴落でスワップポイント狙いの戦士が多数死亡した件を解説

tryjpy_great-crash_800x531_eye コラム
この記事は約6分で読めます。

FX初心者です。トルコリラ円は金利が高いのでスワップポイント狙いでガチホしていれば稼げるって聞いたんですけど本当ですか?教えてください。

FXの短期トレードで勝てるようになるまでには実践での練習期間が必要なので、もっと早く安全に資金を増やしたいと思いますよね?

トルコリラ円をガチホしていれば稼げるかどうか教えてほしいという質問にお答えします。

結論:トルコリラ円の大暴落でスワップポイント狙いの戦士が多数死亡した件を解説

結論から言うと、基本的には新興国通貨のトルコリラ円で買いスワップポイント狙いのトレードをすることはオススメできません。

理由は新興国通貨は流動性が低いですし、社会情勢によって暴落するリスクが高いからです。

過去に実際に暴落しました。

暴落リスクを受け入れて、トルコリラ円で買いスワップポイント戦略をやるのはいいです。

トルコリラ円の価格推移

実際にトルコリラ円の価格推移をチャートで振り返ってみます。

トルコリラ円の過去16年間(2006年5月から2022年10月)

トルコリラ円の過去16年間(2006年5月から2022年10月)の価格チャートをみてみます。

2007年10月には99円だったんですけど、リーマンショックが起きた2008年8月から暴落が始まりました。

2022年10月10日時点のトルコリラ円は7.8円まで下落しています。

90円以上の下げ幅です。

2007年10月に99円でトルコリラ円を買った人は強制ロスカットに遭っているでしょう。

tryjpy_great-crash_200605-202210_800x565
引用元:https://www.google.com/finance/quote/TRY-JPY?window=MAX

トルコリラ円の過去5年間(2017年10月から2022年10月)

トルコリラ円の過去5年間(2017年10月から2022年10月)の価格チャートをみてみます。

2017年10月には30円だったのが、2022年10月10日時点のトルコリラ円は7.8円まで下落しています。

20円以上の下げ幅です。

直近の値動きは安定していて、横ばいって感じです。

tryjpy_great-crash_201710-202210_800x559
引用元:https://www.google.com/finance/quote/TRY-JPY?window=5Y

トルコリラ円の過去1年間(2021年10月から2022年10月)

トルコリラ円の過去1年間(2021年10月から2022年10月)の価格チャートをみてみます。

2021年12月には史上最低価格の6.8円まで下落したんですけど、買い戻しが入っています。

2022年10月16日時点では8.0円台ですから1.1円上昇してきています。

tryjpy_great-crash_202110-202210_800x560
引用元:https://www.google.com/finance/quote/TRY-JPY?window=1Y

トルコリラ円の2022年初来(2021年1月から2022年10月)

トルコリラ円の年初来(2022年1月から2022年10月)の価格チャートをみてみます。

2022年1月と4月に8.8円の最高値をつけています。

2022年8月の7.3円が最安値です。

現在は8.0円台で推移しており、上昇トレンドです。

直近高値の8.8円を目指す展開になっています。

tryjpy_great-crash_202201-202210_800x556
引用元:https://www.google.com/finance/quote/TRY-JPY?window=YTD

買いスワップポイント

2022年10月16日時点の松井証券FXのトルコリラ円の買いスワップポイントは1万通貨あたり37円です。

1000万通貨単位で毎日37,000円もらえます。

どうしてもトルコリラ円の買いスワップ戦略をやりたい人は、価格自体が安いので1000万通貨で買ってみるのもおもしろいかもしれません。

2022年10月16日時点でトルコリラ円は8円ですから

必要証拠金は 8円×1000万通貨÷レバレッジ25倍=320万円です。

例えばドル円の場合だと、価格自体が148円と高いので多額の証拠金が必要になります。

ドル円の買いスワップポイントは1万通貨あたり122円です。

トルコリラ円とほぼ同等の買いスワップポイントをもらおうと考えると、300万通貨の取引が必要です。

2022年10月16日時点でドル円は148円ですから

必要証拠金は 148円×300万通貨÷レバレッジ25倍=1,776万円です。

毎日同額の買いスワップポイントをもらうのに必要な証拠金が少なくて済むという観点では、トルコリラ円の買いスワップ戦略は魅力です。

トルコリラ円とドル円の買いスワップ戦略をやるのに必要な証拠金
トルコリラ円:1000万通貨の取引で毎日37,000円もらえる(必要証拠金は 320万円)
ドル円:300万通貨の取引で毎日36,600円もらえる(必要証拠金は 1,776万円)

トルコリラ円の1000万通貨の取引に必要な証拠金は320万円ですけど、今後8円から半分の4円以下になるかも知れません。

ちなみに過去最低価格だったのは、2021年12月の6.8円台です。

そういう下落リスクも考慮し証拠金不足で強制ロスカットされないように資金は余裕を持って入れておいてください。

例えば1,000万円とか2,000万円とか。

トルコリラ円の買いスワップポイント

トルコリラ円の買いスワップポイントは1万通貨あたり37円です。

1000万通貨なら37,000円です。

tryjpy_buy-swap_20221016_750x439
引用元:松井証券FX

トルコリラ円のの状況(2022年11月16日 18時時点)

トルコリラ円の状況ですけど、2022年11月7日の時点では7.9円台だったのが、2022年11月16日時点で7.4円台まで急落しています。

2022年9月あたりから上昇トレンドを形成していたんですけど、一気に売られました。

スワップ狙いでの長期保有のリスクとして、こういう値動きがいつ起こるとも限らないので怖いです。

スワップの利益分が取引差損で一気に吹き飛びます。

気を付けてください。

tryjpy_great-crash_20220516_20221116_800x559
引用元:https://www.google.com/finance/quote/TRY-JPY?window=6M

まとめ:トルコリラ円の大暴落でスワップポイント狙いの戦士が多数死亡した件を解説

いかがでしたでしょうか。

基本的には新興国通貨のトルコリラ円で買いスワップポイント狙いのトレードをすることはオススメできません。

理由は新興国通貨は流動性が低いですし、社会情勢によって暴落するリスクが高いからです。

過去に実際に暴落しました。

暴落リスクを受け入れて、トルコリラ円で買いスワップポイント戦略をやるのはいいです。

皆さまのお役に立てれば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
「役に立った!」と思ったら、SNSシェアしていただけると嬉しいです。

この記事についてご意見をお聞かせください

この記事を書いた人
アラカン

佐塚 啓伸|50代後半の男性。
ドル円専門の裁量トレーダー|2007年から12年間はシステムトレーダー|2019年から裁量トレーダーへ転身|2022年10月 ドル円の運用実績 +512pips獲得|国内IT系の上場会社でPG/SE/PMとして30年ほど勤務|2014年に特許を発明し出願(公開番号:2015-184895)

詳細なプロフィールはこちら

アラカンをフォローする
コラム
アラカンをフォローする
アラカンの裁量FX
タイトルとURLをコピーしました