FX ドル円の運用実績はこちら

【2022年8月15日 月】ドル円はNY時間にV字回復 買い優勢

ドル円相場の振り返り

FX初心者です。相場観を養うために、昨日のドル円相場を考察して教えてください。

相場に興味があるならトレードがうまくなりたいと思いますよね。

上記のような昨日のドル円相場を考察して教えてほしいという質問にお答えします。

当サイトではテクニカル分析をメインにした相場の考察をしています。

あくまで私の個人的な見方です。

この記事は2022年8月16日(火)午前8時台に書いています。

結論:【2022年8月15日 月】ドル円はNY時間にV字回復 買い優勢

21時少し前から動きがあり、当日安値を下抜けし当日高値から100pips以上下げました。

相変わらずボラがあります。

23時少し前から買い戻しが入り上昇していき、結局21時少し前から下げた分は全戻しになりました。

このようにドル円は基本レンジで動くことが多い通貨なので、トレンドが出たと思っても全戻しになることが多いです。

先週末時点のドル円 長期足(月足、週足)

ますはドル円の月足と週足の状況を確認しておきます。

先週末時点のチャートは下記の記事に載せていますので、見ておいてください。

長期足レベルでは爆上げしています。

ドル円 一週間の相場を振り返ってみた(2022/08/08月から2022/08/12金)

ドル円 1時間足(2022年8月15日 月の振り返り)

1時間足で2022年8月15日(月)の振り返りをしてみます。

usdjpy-lookback-20220815_800x390

左の赤の縦棒が2022年8月15日(月)午前6時時点で右の縦棒が2022年8月16日(火)午前6時時点です。

拡大してみます。

usdjpy-lookback-20220815_372x373

8月15日(月)はゴトー日でした。

仲値の時間まで買いが入りやすい傾向があると言われています。

実需の関係で外国と取引している企業がドルを調達するために買うという理由付けがされていますけどホント?

そんな単純な話じゃないですよね?

こういうアノマリーを意識しすぎると迷いが生じますので注意した方がよいです。

チャートをよく見たほうがよいのではないでしょうか。

まずは、8時台から売りがきました。

大口は爆上げさせたい場合、まず売ってから買ってくるパターンがあるので注意が必要です。

でも素直にそのまま下げるパターンもあります(笑)

結局どっちなんですか?(苦笑)

8月15日(月)は9時以降も売り継続で仲値にかけて売られました。

午前10時頃から反転上昇していき、正午すぎには午前9時台につけた高値まで全戻しのV字回復(笑)

その後は方向性が定まらずレンジで推移しました。

21時少し前から動きがあり、当日安値を下抜けし当日高値から100pips以上下げました。

相変わらずボラがあります。

23時少し前から買い戻しが入り上昇していき、結局21時少し前から下げた分は全戻しになりました。

このようにドル円は基本レンジで動くことが多い通貨なので、トレンドが出たと思っても全戻しになることが多いです。

まとめ:【2022年8月15日 月】ドル円はNY時間にV字回復 買い優勢

いかがでしたでしょうか。

長期足からチャートを分析していくことでいろいろと気づきが得られます。

あなたは何に気づきましたか?

その気づきの積み重ねが経験値となり、勝てるトレーダーになっていきます。

一緒に成長していきましょう!

FX初心者で少額から始めたい人はLINE FXもしくは松井証券 MATSUI FXがオススメです。

どちらも無料で口座開設できますよ。

1,000通貨単位から取引できるLINE FXの口座開設してみた

1通貨単位から取引できる松井証券 MATSUI FXの口座開設してみた

皆さまのお役に立てれば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
「役に立った!」と思ったら、SNSシェアしていただけると嬉しいです。

この記事を書いた人
アラカン

佐塚 啓伸|50代後半の男性。
ドル円専門の裁量トレーダー|爆益は狙わずほどほどの利食いが信条である|毎日の相場を振り返りブログ記事更新中|裁量トレーダーとしての成長記録を残すためブログ運営を開始|2007年頃にシステムトレードに興味を持ち12年ほど研究を続けた。2019年から裁量トレードへ転向|国内IT系の上場会社でPG/SE/PMとして30年ほど勤務。2014年にストレージ関連の特許を発明し出願(公開番号:2015-184895)した実績を持つ。

アラカンをフォローする
ドル円相場の振り返り
アラカンをフォローする
アラカンのドル円 裁量FXブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました