勝てるFX手法はこちら

ドル円 2022年9月の相場を振り返ってみた(一か月間)

usdjpy_h4_20221013_02_800x419_eye ドル円相場の振り返り
この記事は約4分で読めます。

FX初心者です。相場観を養うために、2022年9月一か月間のドル円相場を考察して教えてください。

相場に興味があるならトレードがうまくなりたいと思いますよね。

上記のような2022年9月の一か月間のドル円相場を考察して教えてほしいという質問にお答えします。

当サイトではテクニカル分析をメインにした相場の考察をしています。

あくまで私の個人的な見方です。

この記事は2022年10月13日(木)12時台に書いています。

記事を書くのを忘れていました。大変申し訳ございません。

結論:ドル円 2022年9月の相場を振り返ってみた(一か月間)

日本政府の為替介入があり、5円以上の急落がありましたけど、買いが強くすぐ買い戻しが入っています。

買い優勢です。

ドル円 長期足(月足、週足、日足):ドル円 2022年9月の相場を振り返ってみた(一か月間)

ますはドル円の月足と週足、日足の状況を確認なさっておいてください。

最新のチャートは下記の記事に載せています。

簡単に言うと、今のドル円相場は買い優勢です。

長期足レベルでは爆上げしています。

ドル円 一週間の相場を振り返ってみた(2022/09/26月から2022/09/30金)

ドル円 4時間足 2022年10月13日(木)時点

ドル円の4時間足をみながら、2022年9月の相場を振り返ってみます。

usdjpy_h4_20221013_800x430

左の赤の縦棒が2022年9月1日(木)午前6時時点で右の縦棒が2022年10月1日(土)午前6時時点です。

拡大してみます。

usdjpy_h4_20221013_02b_800x440

9月から力強い上昇トレンドを形成していきました。

しかし、上げ方が急であるという理由で9月22日に日本政府の為替介入があり、一気に5円以上の急落になりました。

とはいえ、今のドル円の状況を考えると米国は引き続き大幅な利上げ方針なのに対して日本は金融緩和政策維持の方針ですので、ドル円は買われやすい状況です。

案の定、すぐに買い戻しが入り、直近のレジスタンスラインだった145円00銭レベルまで戻してきています。

買い優勢です。

ドル円 一週間の相場を振り返ってみた(2022/09/05月から2022/09/09金)

爆上げしすぎた反動で調整の下げがきています。

ドル円 一週間の相場を振り返ってみた(2022/09/12月から2022/09/16金)

ドル円はレンジ模様の展開になっています。

ドル円 一週間の相場を振り返ってみた(2022/09/19月から2022/09/23金)

上昇トレンド形成も日本政府の為替介入があり、5円以上の急落になりました。

しかし、強い買い買い戻しが入っています。

ドル円 一週間の相場を振り返ってみた(2022/09/26月から2022/09/30金)

上昇トレンド形成中ですけど、直近はレンジ模様の展開になっています。

まとめ:ドル円 2022年9月の相場を振り返ってみた(一か月間)

いかがでしたでしょうか。

長期足からチャートを分析していくことでいろいろと気づきが得られます。

あなたは何に気づきましたか?

その気づきの積み重ねが経験値となり、勝てるトレーダーになっていきます。

一緒に成長していきましょう!

皆さまのお役に立てれば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
「役に立った!」と思ったら、SNSシェアしていただけると嬉しいです。

この記事についてご意見をお聞かせください

タイトルとURLをコピーしました