勝てるFX手法はこちら

ドル円 一週間の相場を振り返ってみた(2022/10/24月から2022/10/28金)

usdjpy_h1_20221029_02_800x794_eye ドル円相場の振り返り
この記事は約6分で読めます。

FX初心者です。相場観を養うために、直近一週間のドル円相場を考察して教えてください。

相場に興味があるならトレードがうまくなりたいと思いますよね。

上記のような直近一週間のドル円相場を考察して教えてほしいという質問にお答えします。

当サイトではテクニカル分析をメインにした相場の考察をしています。

あくまで私の個人的な見方です。

この記事は2022年10月29日(土)午前9時台に書いています。

結論:ドル円 一週間の相場を振り返ってみた(2022/10/24月から2022/10/28金)

月曜日の早朝から為替介入があり相場は乱高下しました。

小動きのレンジがしばらく続いた後に火曜日のNY時間に強烈な売りがきました。

この売りは直近のレンジで買いポジを持っちゃった個人投資家が損切りするまで下げ続けます。

結局145円10銭台まで下げました。

金曜日の午後に日銀が金融政策決定会合の結果報告で、金融緩和政策を維持継続すると会見で発表しました。

この発表を受けてドル円は爆上げしています。

2022年10月28日(金)15時30分から始まった日銀総裁の記者会見の内容は下記の記事が参考になります。

ドル円 月足 2022年10月29日(土)時点

ますはドル円の月足からみて行きます。

長期足から分析していくのがテクニカル分析の基本です。

usdjpy_monthly_20221029_800x537

2022年3月からドル円は急騰していて、37円ほど爆上げする展開になっています。

直近は3か月連続の陽線になっています。

152円00銭の到達直前に為替介入があり、現時点では上ヒゲになっています。

ドル円 週足 2022年10月29日(土)時点

ドル円の週足をみて行きます。

usdjpy_weekly_20221029_800x443

週足は上ヒゲと下ヒゲになっていて、売り買いが拮抗していることがわかります。

ドル円 日足 2022年10月29日(土)時点

ドル円の日足をみて行きます。

usdjpy_daily_20221029_800x439

直近かなり売り込まれていたんですけど、反発して上昇してきました。

週末に、日銀が金融緩和政策の維持継続を会見で改めて表明していますし、買い有利と考えています。

ドル円 4時間足 2022年10月29日(土)時点

ドル円の4時間足をみて行きます。

usdjpy_h4_20221029_800x443

チャート形状的には、まだ買うのは早いです。

ファンダメンタルズ的には買いが圧倒的に有利ですけど、売りがくることも想定しておく必要があります。

だけど買いがやっぱり強いから、来週また爆上げすんの?(苦笑)

ドル円 1時間足 2022年10月29日(土)時点

ドル円の1時間足をみて行きます。

一番左の赤の縦棒が2022年10月24日(月)午前6時時点で一番右の縦棒が2022年10月29日(土)午前6時時点です。

usdjpy_h1_20221029_800x432

拡大してみます。

usdjpy_h1_20221029_02_400x398

月曜日の早朝から為替介入があり乱高下する展開でした。

スプレッドも全然安定しなくて、荒れた相場になりました。

その後相場は静かになり、しばらく小動きのレンジが続いたんですけど、このレンジで買いポジ持っちゃだめです。

理由は、まだ上昇トレンドが形成されていないからです。

個人投資家の買いポジを集めるだけ集めておいて、火曜日のNY時間に強烈な売りです。

爆上げする前に買いたい気持ちはよくわかります。だけどそれは焦っています。レンジなんだからまだどっちに動くかわからない。

この売りはレンジで買いポジを持っちゃった個人投資家が損切りするまで下げ続けます。

結局145円10銭台まで下げたんですよね。

レンジの位置から380pipsほど乖離していますけど、これだけ売られたら普通損切りしてますよね?

買いポジがなくなったら売ることができなくなるので、今度は強烈な買い戻しが入ることになります。

Youtubeで本記事の動画を公開

Youtubeで本記事の動画を公開しています。

ドル円の2022年10月31日(月)以降の値動きを予想してみた(2022年10月30日時点)

ドル円の一週間の振り返り

ドル円の日々の振り返り記事については下記を参照なさってみてください。

【2022年10月24日 月】ドル円は週明けの早朝から為替介入により乱高下する展開に

ドル円は先週金曜日の深夜直前から為替介入により5円以上急落してから迎えた週明けでしたけど、いきなり早朝から2円以上の爆上げですよ。あっと言う間に150円台目前まで迫りました。

おいおい為替介入の意味ないじゃんと思っていたら、午前8時30分すぎから再度の為替介入と思われる強い売りがありました。10分で4円以上の急落です。

【2022年10月25日 火】ドル円は日中のレンジ模様からNY時間に売られる

ドル円は日中のレンジ模様からNY時間に売られて、一時147円50銭まで下落しています。

ドル円 スイングトレードの状況

2022年9月下旬に買いを仕込んでいます。

2022年10月29日(土)の午前9時時点で、取引差益が+399.6pips(147.483円-143.487円=3.996円)です。

もし100万通貨の取引なら、買いスワップ込みで合計439万円の利益ってことです

スイングトレードは思惑通り動いてくれると爆益が狙えるところが魅力です。

まとめ:ドル円 一週間の相場を振り返ってみた(2022/10/24月から2022/10/28金)

いかがでしたでしょうか。

長期足からチャートを分析していくことでいろいろと気づきが得られます。

あなたは何に気づきましたか?

その気づきの積み重ねが経験値となり、勝てるトレーダーになっていきます。

一緒に成長していきましょう!

皆さまのお役に立てれば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
「役に立った!」と思ったら、SNSシェアしていただけると嬉しいです。

FX初心者が月5万円稼ぐまでのロードマップを解説してみた

この記事についてご意見をお聞かせください

タイトルとURLをコピーしました