勝てるFX手法はこちら

FXのpipsとは?取引ロット量に応じた損益の計算方法をやさしく解説してみた

fx-pips-calculation_800x531_eye コラム
この記事は約3分で読めます。

FX初心者です。FXのpipsの計算方法がよくわかりません。何pips獲得するといくら稼げるのか具体的に教えてください。

FXに興味があるなら、pipsについて詳しく知りたいですよね?

上記のような何pips獲得するといくら稼げるのか具体的に教えてほしいという質問にお答えします。

結論:FXのpipsとは?取引ロット量に応じた損益の計算方法をやさしく解説してみた

FXのpipsとは、為替レートを表示する時の最小有効桁の単位です。

例えばドル円の価格で説明します。

Bid(売り価格)が146円651銭で、Ask(買い価格)が146円653銭というように、小数点以下第3位まで表示されています。

ドル円やクロス円の場合は、表示レートの小数点以下第2位の値が1pipsの位置になりますし、表示レートの小数点以下第1位の値が10pipsの位置ってことです。

前述の事例ですと、Bid(売り価格)が146円651銭ってありましたけど、651銭の5の桁が1pipsの位置なので5pipsになります。

651銭の6の桁が10pipsの位置なので60pipsになります。正確には65.1pipsということです。

つまり、1円動くと100pips動いたことになります。

クロス円以外の通貨ペア(例えばユーロドル)の場合は、小数点以下第4位の値が1pipsの位置です。

pipsあたりの利益はどうなる?

pipsあたりの利益は取引するロットの量により変わってきます。

ドル円やクロス円を各ロット量で取引した場合に、獲得pipsごとの損益の事例を下記の表で示します。

取引ロット量 1pips 10pips 100pips(1円) 1000pips(10円)
1000通貨 10円 100円 1000円 1万円
1万通貨 100円 1000円 1万円 10万円
10万通貨 1000円 1万円 10万円 100万円
100万通貨 1万円 10万円 100万円 1000万円

上記の表をみてもらえばわかる通り、結局FXってロットを大きくすれば稼げるんですよ。

最初は少額で実践練習して、勝つコツがわかってきたらロットを大きくしていけばいいです。

まとめ:FXのpipsとは?取引ロット量に応じた損益の計算方法をやさしく解説してみた

いかがでしたでしょうか。

FXのpipsとは、為替レートを表示する時の最小有効桁の単位です。

pipsあたりの利益は取引するロットの量により変わってきます。

結局FXってロットを大きくすれば稼げるんですよ。

最初は少額で実践練習して、勝つコツがわかってきたらロットを大きくしていけばいいです。

皆さまのお役に立てれば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
「役に立った!」と思ったら、SNSシェアしていただけると嬉しいです。

FX初心者が月5万円稼ぐまでのロードマップを解説してみた

この記事についてご意見をお聞かせください

この記事を書いた人
アラカン

佐塚 啓伸|50代後半の男性。
ドル円専門の裁量トレーダー|2007年から12年間はシステムトレーダー|2019年から裁量トレーダーへ転身|2022年10月 ドル円の運用実績 +512pips獲得|国内IT系の上場会社でPG/SE/PMとして30年ほど勤務|2014年に特許を発明し出願(公開番号:2015-184895)

詳細なプロフィールはこちら

アラカンをフォローする
コラム
アラカンをフォローする
アラカンの裁量FXブログ
タイトルとURLをコピーしました